Theater D

Text

カジノクラップスのサイコロコントロール

Text

サイコロ制御

Text

サイコロの設定

Text

投げ技

Text

クラップステーブルでダイスコントロールを証明できますか?

Text

あなたがしなければならないこと

カジノクラップス

ロール比

レビュー

Text
祐子  横関
Text
清見  村西

私たちのブログからの最新

クラップスにおけるダイスコントロール理論

クラップス

プレシジョン・シューティングやリズミック・ローリングと呼ばれるダイスの出目をコントロールする理論は、多くのギャンブラーたちを魅了してきました。ここで重要な問いとなってくるのが、このダイスコントロールテクニックを使えば、ギャンブラーはクラップスで自分に有利な結果を出すことができるのか、ということです。では、この謎に包まれたテクニックについて詳しく見ていきましょう。

ダイスコントロールの歴史


アトランティックシティのある有名な船長がこの戦略を考案し、現代カジノで利用し始めました。彼はダイスコントロールを様々な視点から研究し、この戦略を有効なものにしました。彼は、カジノゲームの結果をランダムなものではなく一定化しようとしたのです。ダイスコントロールは、特定の握り方と投げ方で行われます。

彼は、プレイヤーの側がゲームのオッズを変えられると信じていました。それができるプレイヤーたちは、ブラックジャックでカードカウンティングを行うプレイヤーと同じような存在として、アドバンテージプレイヤーと呼ばれました。


ダイスコントロールの基礎


ダイスコントロールとは、単純に言えばどうやってダイスを投げるのか、ということになります。まずは、ダイスを特定の方法で保持するところから始まります。

中でも最も高度なのがV字型に握る方法です。これは、3本の指でV字型を作って握る方法です。ここでは、7が出る確率を減らすことが重要です。次の重要なステップは、一定の要領でダイスを投げることです。ここでの目標は、ランダム性を減らすことになります。壁がダイヤモンドパターンになっていることを考えると、これは簡単なことではありません。7の確率を減らすことで、オッズを有利にすることできます。

クラップス

7が出る確率は、6対1です。この戦略ではそれを6対5対1にし、長期的に見て利益が出るようにするのが狙いです。これは簡単ではないため、一貫性を高めるために練習を積む必要があります。そのため、練習を行うために自分用のクラップステーブルを用意するのがベストです。一定の要領で投げられるようになるまで、何カ月も練習を重ねる必要があります。

このテクニックをプロのように使えるようになれば、確実に勝利を引き寄せられるでしょう。ここでも「練習が完璧を生む」という格言が当てはまります。スキルを身につけるためにはやはり練習です。
継続的に1日数時間の練習を続けられるプレイヤーが、その「完璧」にたどり着けるのです。

投げる間のサイコロの動きの分析

Text